プライバシーポリシー・反社会勢力に対する基本方針

SCROLL DOWN

個人情報保護方針

当協会は、個人情報を適切に管理することを重要な社会的規範と考え、個人情報保護を企業活動における最優先事項の一つとして位置づけています。
当協会は、個人情報の保護を確実に実践していくために、個人情報保護に関する方針を以下のとおり定め、すべての役員、社員、協働者に周知し、徹底を図ります。

  1. 個人情報の適切な取得・利用・提供・預託
    当協会は、個人情報の取得にあたって、本人に対して個人情報の利用目的を明らかにし、同意を得た上で取得します。
    当協会は、取得した個人情報を当初の利用目的の範囲に限定して利用し、適切に取り扱い、目的外利用を行わないための措置を講じます。
    当協会は、本人の同意がある場合、及び法令に基づき司法機関等から法的義務を伴う要請を受けた場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供、預託いたしません。また、本人の同意があった場合でも、当社以外の第三者に個人情報を預託、提供する場合には、十分な個人情報保護の水準を備える者を選定し、契約等によって保護水準を守るよう定め、適切に取り扱います。
  2. 個人情報に関する安全管理措置
    当協会は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改竄および漏洩などに関する予防措置を講ずるとともに、万一の事故等の発生時には速やかな是正措置を実施します。
    当協会は、適切な個人情報の取り扱いと運用に関する具体的ルールを定め、その管理に関する責任者を設けるとともに、役員、社員、協働者に対する教育を徹底します。
  3. 個人情報に関する法令及び規範の遵守
    当協会は、個人情報の取り扱いについて、個人情報保護法をはじめとして、関連する法令及び国が定める指針その他の規範を遵守します。
  4. 個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
    当協会は、個人情報保護を適切に維持するため、個人情報保護マネジメントシステムを実施、運用するとともに、これを継続的に改善します。
  5. 個人情報に関するお問い合わせ
    当協会は、取得した個人情報について、本人から開示、訂正・削除の要求、苦情もしくは相談があった場合にはこれに応じます。

反社会勢力等に対する基本方針

  1. 組織としての対応
    反社会的勢力に対しては、行動規範・社内規定等に明文の根拠を設け、経営トップ以下、組織全体として対応します。また、反社会的勢力に対応する役職員の安全を確保します。
  2. 外部専門機関との連携
    警察、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築することに努めます。
  3. 取引を含めた一切の関係遮断
    反社会的勢力に対しては、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。
  4. 有事における民事と刑事の法的対応
    反社会的勢力による不当要求を拒絶し、必要に応じて民事および刑事の両面から法的対応を行います。
  5. 裏取引や資金提供の禁止
    反社会的勢力との裏取引は絶対に行いません。
    反社会的勢力への資金提供は絶対に行いません。