CIRCULAR
ECONOMY

限りある天然資源を有効活用しながら、
資源効率性の高い持続的に発展可能な経済社会
(循環経済社会)の実現を目指します。

SCROLL DOWN

協会概要About Circular Economy Association (CEA)

運営理念
限りある天然資源を有効活用しながら、資源効率性の高い持続的に発展可能な経済社会(循環経済社会)の実現を目指す。
運営方針
  • 我が国及び世界における循環経済社会のあり方を研究し、その実現に寄与する循環経済型ビジネスを具体化・可視化する。
  • 循環経済型ビジネスの理解・定着及び関係機関の協力関係・コンソーシアムの形成に向けた、国内外企業・団体・個人への支援を行う。
  • 循環経済社会の実現及び拡大をはかるため、各種情報発信やルール形成に向けた国内外関係機関との協力を推進する。
事業内容
  • 循環経済に関わる調査研究・情報等提供
  • 循環経済に関わる講演会や研修会の実施
  • 循環経済に関する内外関係機関等との交流および協力
  • 循環経済に関する会員の知見交流活動 等
Our Vision
We will achieve circular economies that enhance resource efficiency and enable sustainable developments with smart use and strong supports.
Our Mission
  • To identify what circular economy is and design “circular business” as a circular economy implementation that contributes to achieving circular economies.
  • To provide support for organizations and individuals to enhance the implementation of "circular business" and promote collaboration between them.
  • To cooperate with relevant organizations worldwide to exchange information for rule-making, which accelerates to achieve circular economies.
Our activities
  • To research and provide information on circular economies and business
  • To organize information exchanges on circular economies and business
  • To cooperate with relevant governmental or private organizations regarding circular economies and business
  • To promote communications among the members of CEA etc.

会長写真

会長挨拶Chair's Message

会長写真

循環経済協会は、限りある天然資源を有効活用しながら持続的に発展可能な「循環経済社会」の実現に向けて、「循環経済型ビジネス」の開発・実装を推進するために設立された団体です。

有史以来、私たち人類は、様々な資源を活用し、豊かな社会を築き上げてきました。近代工業社会への移行により、動力源や機能材・素材としての資源が大量に必要とされ、現代では豊かな社会の実現に欠かせないものとなっています。一方で、こうした資源には限りがある中、現在の豊かな生活をどのように維持、発展させるのか、人類の知恵が問われています。

2011年、国連環境計画(UNEP)は、資源の大量消費に依存しない経済発展のあり方を提唱しました。また、新興国政府が廃棄物等の輸入を規制し始めたり、各国でプラスチック利用を見直す動きが始まったりなど、廃棄物を大量に発生し続けながら発展する経済のあり方が見直されつつあります。また、新型コロナウイルスの大流行によって生活のデジタル化が加速したことは、「循環経済社会」が目指す「コト消費(モノを消費するのではなく、機能を消費する)」や複数主体間における情報連携の追い風にもなっています。

中国が2008年に「循環経済促進法」を制定し、欧州連合(EU)は2015年に「Circular Economy Package」を策定しました。また、2018年には循環経済に関する国際標準化組織として「ISO/TC323(Circular Economy)」が設置されました。日本でも2020年に「循環経済ビジョン」を発表したところです。

資源効率性の向上や事業者間連携等といった「循環経済社会」で要求される様々な社会的要求を満たし、さらに新たな競争力を備えた「循環経済型ビジネス」の開発・実装が求めれています。日本では、これまで資源循環を促進するために「3R(Reduce(廃棄物の発生抑制)、Reuse(繰り返し使う)、Recycle(リサイクル))」を重視してきましたが、今後はこれに加え、限りある資源から最大限の付加価値を提供するようなサービスの開発や提供、またこれを実現する新たなビジネスモデルの創出が求められます。その結果として産業構造の変革が起こると予想されます。

当協会は、こうした資源効率性の向上や事業者間連携を実現する新たなビジネスモデルの開発や実装拡大に向けて、国内外における企業や団体、また政府や自治体等への情報提供や支援を行ってまいります。また、「循環経済型ビジネス」の開発や実装に関心を寄せる個人の方々にも学びの機会を提供してまいります。当協会の趣旨をご理解下さり、一緒に「循環経済社会」を作り上げていこうとする方のご入会をお待ちしております。

代表理事/会長
中村 崇

中国が2008年に「循環経済促進法」を制定し、欧州連合(EU)は2015年に「Circular Economy Package」を策定しました。また、2018年には循環経済に関する国際標準化組織として「ISO/TC323(Circular Economy)」が設置されました。日本でも2020年に「循環経済ビジョン」を発表したところです。

資源効率性の向上や事業者間連携等といった「循環経済社会」で要求される様々な社会的要求を満たし、さらに新たな競争力を備えた「循環経済型ビジネス」の開発・実装が求めれています。日本では、これまで資源循環を促進するために「3R(Reduce(廃棄物の発生抑制)、Reuse(繰り返し使う)、Recycle(リサイクル))」を重視してきましたが、今後はこれに加え、限りある資源から最大限の付加価値を提供するようなサービスの開発や提供、またこれを実現する新たなビジネスモデルの創出が求められます。その結果として産業構造の変革が起こると予想されます。

当協会は、こうした資源効率性の向上や事業者間連携を実現する新たなビジネスモデルの開発や実装拡大に向けて、国内外における企業や団体、また政府や自治体等への情報提供や支援を行ってまいります。また、「循環経済型ビジネス」の開発や実装に関心を寄せる個人の方々にも学びの機会を提供してまいります。当協会の趣旨をご理解下さり、一緒に「循環経済社会」を作り上げていこうとする方のご入会をお待ちしております。

代表理事/会長
中村 崇

We, the Circular Economy Association (CEA), promote the development and implementation of "circular business" to achieve circular economies that are an economic system enabling sustainable development with smart use and the public's strong supports.

In our history, human beings have built an affluent society by utilizing various resources. Since the transition to an industrial society, the demand for resources used as sources of power and functional materials has increased, and resources are essential for our better lives. However, currently, we are faced with severe environmental issues, including resource depletion. It is time to show humanity's wisdom so that our affluent society can be maintained and further developed.

In 2011, the United Nations Environment Programme (UNEP) emphasized economic development without dependence on resources' mass consumption. In recent years, economic development generating a lot of waste has been seen as a problem. For example, the import of waste has been controlled in emerging countries, and plastics have been regulated in various countries around the world. The COVID-19 epidemic has accelerated digitalization in our lives. It boosts the spread of “pay-per-use” models and information exchange among multiple players, contributing to achieving circular economies.

“Circular Economy Promotion Law” was enacted by the Chinese government in 2008, and the EU adopted the "Circular Economy Package (CEP)" in 2015. Besides, ISO/TC323 (Circular Economy) was established in 2018 to develop international standards related to the circular economy. In Japan, "Circular Economy Vision 2020" was published in 2020.

In these circumstances, it is required to develop and implement a "circular business" that improves competitiveness and enhances resource efficiency and promotes collaboration among relevant players. In Japan, resource circulation has been stimulated based on the "3R (reduce, reuse and recycling)" concept. However, to achieve circular economies, we have to develop solutions that create maximum added value with fewer resources and innovative business models for providing such solutions. As a result, a change in industrial structure will occur.

The CEA provides organizations and individuals opportunities to develop and implement innovative circular business that enhances resource efficiency and promote collaboration among relevant players. We also intend to offer opportunities to sophisticate organizations and individuals' capacities interested in developing and implementing “circular business”. We are looking forward to your application and working together towards the circular economy.

Takashi Nakamura
Chair of the Circular Economy Association

入会案内Join us

会員制度説明
一般社団法人循環経済協会は、同法人の設立趣旨に賛同し、その活動にご参加いただく企業・団体等を対象とした会員制度を運営します。

会員特典・種別/年会費

表

(注)上記は年会費であり、このほかに入会金等を納付する義務があります。
かっこ書きにしている特典は準備が整い次第、提供を開始するものです。

入会手続き
入会を希望される企業・団体等の皆様は、本ホームページに記載のお問い合わせ先に入会希望の旨ご連絡をください。入会条件及びお申込み方法を事務局よりご案内いたします。
入会の申込にあたっては、法人/団体/個人の基本情報(名称、所在地、連絡先等)、産業分類、当協会規則類の遵守や反社会勢力に関与していないことの確約書、(正会員ご希望の場合には)財務諸表等をご提出いただきます。
Membership
We welcome applications from corporations, individuals, and organizations that agree with our vision and mission.

Membership Benefits / Annual Membership Fee

表

*Besides the annual membership fee, an admission fee is required.
*Items with (✓) are in preparation.

Membership application
If you would like to apply for membership, please contact the Circular Economy Association Executive Office by email (please see the following email address). Requirements for membership and procedures for the application will be noticed.
For the application, it is required to submit basic information (name, address, contact information etc.), industrial classification, pledge of compliance, financial statements etc.